2010年06月01日

「辞めるべきは福島氏でなく首相」…石破氏(読売新聞)

 自民党など野党の各幹部は29日、社民党の福島党首の消費者相罷免など、米軍普天間飛行場移設問題をめぐる鳩山首相の対応を一斉に批判した。

 自民党の石破政調会長はTBSの番組で、福島氏の罷免について、「辞めるべきは福島氏ではなく首相だ」と首相の退陣を求めた。石破氏はその後、記者団に、「(社民党は)党首が罷免され、意見が全く異なるのに、連立にとどまるのは非常におかしい」と述べ、社民党は連立を離脱すべきだとの考えを示した。

 自民党の大島幹事長は青森市内での街頭演説で、「首相は自分が国民から罷免されているのか、承認されているのか、選挙で問うぐらいの責任がある」と指摘し、衆院解散・総選挙を行うよう主張した。

 みんなの党の江田幹事長はテレビ東京の番組で、「首相は沖縄県民の心をもてあそび、神経を逆なでした。危機管理や安全保障に資質のない人は一刻も早く辞めるべきだ」と批判。たちあがれ日本の与謝野共同代表は都内での街頭演説で、「首相は『頑張ったつもりだ』と言ったが、何もやっていない」と酷評した。

<放送法修正案>与党、衆院委で採決強行し可決(毎日新聞)
公示まで1か月、公認候補者は340人(読売新聞)
「10億円はFXに使った」 着服の近鉄ビルサービス元社員を起訴(産経新聞)
生物多様性の日 富士山麓で外来種駆除(毎日新聞)
<口蹄疫>赤松農相、初めて陳謝(毎日新聞)
posted by サクタ マサタダ at 18:26| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。