2010年05月06日

水俣病拡大、首相謝罪 慰霊式初出席「心から哀悼の意」(産経新聞)

 「公害の原点」ともいえる水俣病の公式確認から54年を迎えた1日、鳩山由紀夫首相は熊本県水俣市で営まれた水俣病犠牲者慰霊式に歴代首相として初めて出席、「水俣病の被害の拡大を防止できなかった責任を認め、改めておわび申し上げます」と謝罪した。また、水俣病の原因物質である水銀の国際的な汚染拡大を規制するために国連環境計画(UNEP)を中心に進めている条約に「水俣条約」と名付けるよう、日本として提案する方針も明らかにした。

 昨年7月に成立した特別措置法に基づいた申請受け付けも同日、始まり、平成7年の村山内閣の政治決着以来の大規模救済となるが、首相は「水俣病問題がこれで終わると思っていない。今日のこの日を新たな出発の日にしたい」と話した。

 首相はかつて汚染された水俣湾の埋め立て地に設けられた慰霊の碑の前で、「かけがえのない命を失われた方々に対し、心から哀悼の意を表します」と「祈りの言葉」をささげた。

 昭和31年、水俣病が公式に報告されてから熊本、鹿児島での被害拡大を止められず、新潟県阿賀野川流域で9年後に発生した「第2の水俣病」を防げなかったことについても「誠に痛恨の極み」としたうえで「政府として公害防止の責任を十分に果たせなかった」と国の責任に言及した。

 被害者に謝罪した首相は、公式確認から50年となった平成18年、当時の小泉純一郎首相が「悲劇の拡大を防止できなかったことを痛感する」といった談話を発表しており、歴代2人目。第1次の政治決着の際の村山富市首相は「率直に反省しなければならない」とするにとどまっていた。

 慰霊式には患者や遺族ら約1100人が参加。チッソの後藤舜吉(しゅんきち)会長や小沢鋭仁(さきひと)環境相らも参加した。

<原爆の子>サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
無職男性が自宅で変死 鼻から出血、家族が見つける 千葉(産経新聞)
クロマグロ騒動…元凶は日本人の異常な食欲(産経新聞)
鳩山首相「小沢幹事長には頑張っていただく」(産経新聞)
2010年度診療報酬改定で中小病院は?(医療介護CBニュース)
posted by サクタ マサタダ at 11:42| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。