2010年05月28日

普天間移設 「将来は県外」で説得へ 社民離脱阻止を優先(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題に関する政府の対処方針をめぐり27日、連立維持を目指し、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相の説得作業が行われた。鳩山由紀夫首相サイドは同党に「将来は県外、国外移設を目指す」などの文言を政府方針に加える妥協策を提示した。しかし、福島氏は28日発表の日米共同声明に「沖縄県名護市辺野古周辺」と移設先の地名が入ることに反発し説得に応じなかった。政府・与党の調整は対処方針を決める28日午後の臨時閣議ぎりぎりまで続くとみられる。

 鳩山首相は政府方針を「首相談話」として、閣僚の署名を必要とする閣議決定か閣議了解の形で28日の閣議で決めたい意向だ。政府関係者によると、首相サイドは政府方針に「将来の県外、国外移設」を明記するほか、(1)関係自治体と連立与党の合意を移設条件とする(2)原案から「米軍再編ロードマップ(行程表)を一部見直しする」との表現を削除する−などの妥協策を社民党側に提示した。

 首相談話ではなく、署名の必要がない「首相発言」での決着も探ったが、福島氏の態度は硬く、話し合いは平行線をたどり、28日に再協議することになった。

 社民党は27日、党本部で三役会議と常任幹事会を開き、日米共同声明から「辺野古移設」の文言を削除するよう求めることで一致。実現しない場合には、福島氏が閣議で政府方針への署名を求められても拒否することを決めた。

 しかし、平野博文官房長官氏は重野安正同党幹事長に対し、文言の削除は「不可能だ」と伝えた。社民党は30日、全国幹事長会議を開き、連立離脱問題も含め今後の対応を協議することにしている。

 これに関連、鳩山首相は27日夜、政府方針に関し「3党連立の中でご理解をいただけるよう最大限の努力をしたい」と強調。福島氏が署名を拒否した場合に罷免する可能性については「まだ、そのようなことは一切考えていない」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 鳩山首相はオバマ米大統領と28日に電話会談し、合意内容を確認する方向で調整中。日米両政府は当初、28日午前、外務・防衛担当閣僚(2プラス2)の共同声明として合意内容を発表する予定だったが、同日午後にずれ込む見通しとなった。首相は28日午後に記者会見し、政府方針を説明することにしている。

 一方、首相は27日、都内で開かれた全国知事会(会長・麻生渡福岡県知事)で「(沖縄県の)過重な負担を軽減したい。訓練を沖縄県外に移せるか考えてもらいたい」と、米軍訓練の一部受け入れを求めた。

 沖縄県の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事も同県の基地負担に関し「大幅に減らしてもらいたい」と強調した。出席した知事からは受け入れに慎重な意見が続いたが、知事会としては「(負担)軽減が必要であることを理解する。今後とも真摯(しんし)に対応する」との見解をまとめた。

【用語解説】首相発言

 政府の意思決定には、重要政策や法案の国会提出の際に内閣全体に責任を負わせる「閣議決定」、主務大臣の権限内の事項でも国政全般への影響を考慮し全閣僚が確認する「閣議了解」があり、ともに全閣僚の署名が必要だ。一方、「首相発言」は閣議における首相の発言内容を指し、閣議決定や閣議了解は必要ない。表現の仕方や官房長官による記者会見での発表の仕方により、事実上の政府方針としての重みを持つが、閣議決定が必要な政府の公式見解「首相談話」とは異なる。外国への祝意・弔意などは、首相の決裁のみでできる「首相の談話」として発出される。

【関連記事】
普天間移設 安保を選挙の具にするな
政府方針を「首相発言」で決定 社民説得へ大詰めの調整
普天間移設 社民対立「首相発言」など打開策模索
全国知事会 沖縄の基地負担軽減へ 首相、訓練の分散求める
首相「訓練移転を引き受ける気持ちを示してほしい」 全国知事会議
虐待が子供に与える「傷」とは?

アユ漁 解禁…1500人が清流に糸 静岡・興津川(毎日新聞)
結婚詐欺容疑、41歳男逮捕=投資名目で3000万円―京都府警(時事通信)
「安価、便利なサービスを」=裁判関連でも仕分け―司法協会など・事業仕分け(時事通信)
<新型インフル>国と自治体の連携不足指摘 研究班が報告書(毎日新聞)
認知症の電話相談窓口を設置―千葉県など(医療介護CBニュース)
posted by サクタ マサタダ at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

回転ずしで魚離れ阻止=国産ネタで自給率向上―水産白書(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は21日の閣議に2009年度の「水産の動向」(水産白書)を提出した。白書は、魚離れなどで減少傾向にある水産物の消費を喚起しようと回転ずしを取り上げた。国産ネタのすしを食べて、水産物の自給率向上に貢献してほしいと呼び掛けている。
 白書は、回転ずしを「日本生まれのファストフード」で「魚離れが進む若い世代の魚介類消費に貢献している」と指摘。国民一人ひとりが年に4回、すし店へ行き、国産ネタのすしを5皿ずつ食べてもらえば自給率が1ポイント上がるとの試算を示した。 

【関連ニュース】
大都市戦略の策定を=09年度首都圏白書案
65歳以上、総人口の23%=高齢社会白書
ワークライフバランス促す=「競争力高める」
デフレが足かせ=中小企業白書原案
温暖化対策支援を強調=09年版ODA白書

クリントン米国務長官が21日来日 普天間、北朝鮮への対応を協議(産経新聞)
<普天間移設>「政権合意なく問題」福島少子化相(毎日新聞)
<着服>元公認会計士が30億円 容疑の35歳聴取 警視庁(毎日新聞)
小さな日本代表「W杯で頑張る」 エスコートキッズ(産経新聞)
口蹄疫拡大、獣医不足が深刻化…全国に派遣要請(読売新聞)
posted by サクタ マサタダ at 14:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

障害者団体発起人に有罪=村木被告共謀、実質判断せず−郵便料金不正・大阪地裁(時事通信)

 障害者割引郵便悪用事件で、厚生労働省に偽の証明書を発行させたとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた自称障害者団体「凛(りん)の会」発起人河野克史被告(69)の判決が11日、大阪地裁であり、横田信之裁判長は懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。
 公判で河野被告は起訴内容を認め、検察側が提出したすべての書面の証拠に同意。判決は、分離された公判で無罪主張している同省元局長村木厚子被告(54)との共謀については、実質的な判断をしなかった。 

【関連ニュース】
〔特集〕現役キャリア官僚逮捕! 障害者割引郵便不正事件
団体元代表、偽証明書は無罪=捜査段階の供述不自然-DM不正発送で罰金・大阪地裁
「検事が調書作文し、署名要求」=村木元局長が被告人質問で
部下への指示、改めて否定=村木元局長、涙ぐむ場面も
取り調べメモ「すべて廃棄」=厚労省元局長公判で検事ら

最主力の骨粗鬆症治療薬がけん引し、売上高微増―帝人(医療介護CBニュース)
タンカーと接触?金沢沖で漁船転覆、1人不明(読売新聞)
青田典子「ソバにいるのはソバ焼酎」
高齢者の自転車事故が増加 「交通ルール」への意識不足?(産経新聞)
<宇宙の種>地球帰還後に所在不明 日本の会社が依頼(毎日新聞)
posted by サクタ マサタダ at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。